chromatic

日々のできごと。ブツクサひとりごと。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 暑さに負けず動く。 |  夏の思い出〜8月のメモ そのいち。 >>

週明けに想うこといろいろ。

26〜28日のまとめ。
身体よりも頭の中がぐるぐるとよく動いてた感じ。

26日
40前後にもなれば20代の頃のように
ちやほやされなくなるのは当り前のことだろうし、
結婚したり子供ができたり、仕事の責任が重くなったりで、
自分の時間ってものが10年前と比べて減ってくるもんなんじゃないかと。
(そうじゃない人も、もちろんいるでしょうが。)
友人・知人が自分に対して距離が出てきたり、
友だちづきあいの優先順位が下がってしまうのは
ある程度は仕方ないことなんじゃないのかなぁ。

割と地味に、自分のペースで生きてきている(と思う)ので、
「昔ほどまわりにかまわれなくなった」寂しさはあまり感じないけど、
若い頃にまわりの人たちよりも目立ってた人とかは、
昔と今とでは、まわりの人たちの自分に対する対応に
ギャップを感じてるんじゃないかと思う時がある。

いつもおしゃれできれいにしていたり、仕事で成功していたり、
話題も豊富でみんなの憧れの存在であったとしても、
誰かが小さな子供を連れてきていれば話題は自然とそっちに傾く訳で、
それで不機嫌になられても、どうにもできないのだけれど。

いつまでも話題の中心でいたい気持ちは分らなくないけど、
こういうことは、椅子取りゲームみたいに順番なんだと思う。
自分が座った時に、目上の誰かが席を譲ってくれたということ。
意地悪かもしれないけど、目立つ部分は若い人たちに譲って
引き立てることも必要なんだと思うわけで。

境目の年齢にいると切ないことも色々あるけど、
自分自身も、まわりの環境も刻々と変わっていくのだから、
手放さないといけない価値観も出てくる。
「年とともに、女性として人として妻として、なくしてしまうものもあるけど、
手放した分得るものもあるんだよ」という友だちの言葉が今更ながらに身に沁みた。


27日
友だちから思いがけずの郵便が届く。
同封された手紙のひとつひとつの言葉がうれしくて、
かみしめながら大切に読ませていただいた。

最近、伝えるということがうまくいかなったのだけど、
伝わる人には多くを語らなくても伝わっているんだな、と思った。
自分の表現力不足もあるのだけど、
伝えようとすればするほど空回りで凹んだりもして。
開き直りかもしれないけど、
伝わらない人には伝わらないということを客観視できて
それはそれでよかったんだと思う。

人間環境が変われば価値観も変わるし、
昔共感したからって、いつまでも共感できるわけでもない。
そこにしがみついて心が折れるよりは、
諦めることも大事なんだろう、きっと。

最近、そういう見極めのきっかけに出会うことが多いな。
友だちの言葉に、再び感謝。


28日
定時きっかりに退社して、お馬さんのところへ。
なかなかどうしてお馬さんの調子がよく、
不快指数など忘れるくらい気持ちよい時間を過ごせた。

ひさびさに会う友だちと、ホクホク気分で馬談議をしながら帰路につく。
好みがおなじじゃなくても、価値観が近いことって大事。
またゆっくりごはんでも食べながらお話しようね、ということになり、
笑顔で手を振って別れる。
仕事が終わったあとにみっちり運動して、
明日も仕事だって言うのに、妙に元気ですがすがしい気分。
この間のダメダメレッスンがウソのよう。
自分のこのご機嫌ぶりも、なんだか笑えてしまう。
馬と友だちが化学反応…という感じ。

帰宅してメールチェックすると、友だちからのメール。
自分自身との向き合い方とか、生き物との関わり方・価値観とか、
今回も色々と自分に響くものがあった。

ここ数日、友だちの言葉からヒントをもらったり、
目からウロコだったり、自分の選択に自信をもらったりすることが続いている。
完成形が見えてるわけじゃないけど、
パズルのピースがひとつずつパチッと音を立ててハマっていく感じ。

具体的な根拠は何もないんだけど、なんだかワクワク感が出てきた。
気分のいいうちに、行動できることは前に進めておこう。

- | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: