chromatic

日々のできごと。ブツクサひとりごと。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< インターバル |  暑さに負けず動く。 >>

つれづれ。

14日〜22日までのまとめメモ。

14日
仕事が閑散期なので、定時キッカリに上がってお馬さんのところへ。
平日の夜にしか会えない人もいるので、
仕事が落ち着いている今のうちに一緒にレッスンに出たい。
ほとんどが顔なじみのメンバーなので、人の多い休日より和やかでいい。
夜なので時間が無制限にあるわけではないから、
レッスン後は短い時間の中で話したいことを話し、また今度ねと別れる。
ほどよく距離感も保てていい感じ。

件のレッスンは、ヒヤリハットの連続技。
お馬さんは休日あけで身体がやや固めなので、ていねいにやらないと。


15日
週末のコーヒーを買いに行く。
「何かありました?」って、そりゃぁイロイロあるわねって話になり。
極力ふつうにしているつもりでも、何か顔に出てしまうものなのかな。
気をつけよう。

17日
リコーダー発表会の時期が近づいてきたので、ぼちぼち練習開始。
楽譜だけでは把握しきれないダメな私。
ヤマハで何習ってたんだか。ぎゃふん…。
模範演奏のCD欲しい。youtubeに何かあるかもしれないから、探してみよう。

故障が長引くという理由で退厩した馬の話を聞いて凹む。
好んで乗った馬ではないけど、10年近いお付き合いになるから、
思い出もいろいろあるわけで。
この間痛くて足をひきずりながら一緒に歩いたばっかりなのに。

乗馬を始めた頃から居た馬たちが、
年老いてレッスンから外れたり、人を乗せられない状況になっていくのを見るのは、
切ないを通り越して哀しい。
これは人間より寿命が短い生き物と付き合っていく以上避けられないことだけど、
お世話に関わった子も熟年の域に入ってるし、
そういう日が来ても悔いのないように、大切に向き合わないと。
先日14歳になったうちのわんことも、また同じ。

19日
部内競技会。
去年の秋からコツコツやってきたことの成果が見えてきた。
順位やスコアはまだまだお粗末ながらも、進歩ありを身体で感じられたことは大きい。
恥ずかしながら、うれし涙が出そうだった。(でもガマンした。)
信じて一緒にがんばってくれた仲間に感謝の日。


20日
作業量の不公平について、某部門で小噴火が起きそうな気配。
自分の業務的にはかかわりのないところだけど、
限られた人数の女性スタッフ同士がもめていると、やはり仕事はやりづらい。
今回の震源地となっている女性スタッフに注意するとふてくされるから面倒、という理由で
(他にもいろいろ理由はあるでしょうが)、
今の今まで放置しておいた上の人間も問題アリだよな…。
そして今も、できれば関わりたくないという空気が。
大手術しなきゃいけなくなる前に、処置しておいた方が楽なのに。
大やけどするのも上司本人かもしれないのに。…って余計なお世話か。

女性で一番社歴の長い社員さん(仕事バリバリタイプではないけど、明るくて親しみやすい人)が、
今回の件で派遣スタッフ(私ではない)の業務にしわ寄せがきていることに
前々からこころを砕いていて、そのことを面談の際に上に相談したら、
「あなたが事務のまとめ役なんだから対策しなさいよ」って
キラーパスが流れてきたらしい…って、彼女が注意してもどうにもならないから
問題になってるってことを気づいてないのか、なんなのか。
こういう時頼りにならない上司ってどうなの。


22日
競技会で撮ってもらったビデオを観て、
自分の姿勢に芯のなさを再確認し、プチトレの必要性を痛感。
そんな訳で定時に上がり、いそいそとプールへ。
20分歩き、20分泳ぐ(ビート板と一緒に。息継ぎ苦手。)だけでこってり疲労。
先々月に水着を買ったのにあまり活用してないので、
月2〜3回くらいは泳ぎたいなぁと思っているところ。
これは、オットの人も巻き込まないと。

- | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: